カードローンの支払い時は、利息と元金の割合に注意

貸金業法改正と、金融会社全体の見直しにより、カードローンも変わってきました。例え借り入れを行ったとしても、無理な返済計画とはならないように配慮されているのです。月々、数千円から数万円程度であれば、資力によるものの返済は難しくはないでしょう。そこで問題となるのが、利息分の返済です。


<現在の返済額に含まれている利息分>

カードローンの中でも、消費者金融系は金利が高いので、毎月の支払いにおいても利息がその大部分を占めることでしょう。元金自体が減っていかない限り、利息分を減らすということはなかなか難しいものです。しかし、それでも支払いを続けていけば、元金そのものが確実に減少するため、それに対応して利息分も減るということになります。仮に月々の支払いが1万円だったとしたら、最初と終盤の支払いに含まれている利息分は、終盤のほうが少ないのです。


<新たな借り入れは慎重に>

つまり、返済の終わりごろには支払いにおける元金の割合が多くなり、それだけ返済が楽になります。しかし、ここで注意したいのが新たな借り入れ。限度額に余裕があるからといって、さらにカードローンで引き出してしまうと、再び利息分の割合が多くなってしまいます。この繰り返しでは、なかなか支払いは終わりませんし、効率的な返済をしているとも言い難いです。さらに借り入れを行う際は、既存のローン返済に目処がついてからにしましょう。

Category(s): カードローン

Comments are closed.