過去のカードローン利用履歴の大切さ

カードローンはお客様にお金を貸すというサービスです。借りた者、は借りた金額に利息を加えて返済します。その利息によってカードローン会社は成り立っているのです。要は、返済が出来ない人には、融資はしないということです。

審査によって金融会社はリスクヘッジをしている

カードローンを利用するには、審査が必要になります。審査によって、金融会社は「この人にお金を貸しだして大丈夫か」を判断しているのです。信用が出来る、返済能力もあると高評価を受けることが出来れば、上限額が高かったり、金利が安かったりと良いことが沢山あります。評価が悪ければ最悪、審査に通過できないということになります。その審査で重要とされている事の一つに、過去のカードローン利用履歴があります。

カードローン利用履歴はきれいにしておこう

過去の利用履歴に返済遅延などの返済事故があった場合、新たに融資を受けることが出来ないと思っておいた方がいいでしょう。債務整理もダメです。自己破産はもってのほかです。一日返済を遅れてしまっただけでも、履歴は残ります。過去の利用に関しての事故はほぼ新たな借り入れが出来なくなりますから、もしも初めて利用するという人は、将来のことも考え、絶対に事故のないように努めるようにしましょう。

Category(s): カードローンコラム

Comments are closed.