信用情報の情報保有期間

カードローンの審査では信用情報が大きな評価材料になります。信用情報と言っても、クレジットカード系、カードローン系、住宅ローン系などに信用情報機関は別れておりそのそれぞれで情報の保有期間は少しずつ異なるようです。


カードローン審査前に信用情報の情報保有期間を確認する

信用情報の中には、過去の契約情報、その時の本人情報(勤務先、住居、収入、家族構成)、また利用履歴、カードローンお申込み履歴が事細かに記録されています。信用情報は信用情報機関に加盟している金融会社全てに共有されています。この信用情報の種類によっても保有期間は異なってきます。一番短いのはお申込み記録です。これは6カ月間保有される事になっています。「審査に一度落ちたら、半年は様子を見た方がいい」という事を聞いた事があるのではないでしょうか。これは、この保有期間を考慮したものです。審査落ちした事自体が、評価を下げる要因ではなく短期間にお申込み履歴が込み合う事が懸念されるからです。資金困窮者として認識されてしまい、他の問題はないのに審査に落とされてしまう事もあるのです。


返済遅延情報は5年間保有

信用情報で一番気をつけたいのは返済遅延です。返済遅延などの利用履歴は5年間きっちり保有される情報です。「返済遅延を起こした事はあるけど、すでに完済しているから大丈夫」と考えている人は間違いです。完済したカードローンであったとしても5年間は保有されます。

カードローンやキャッシングをご利用中の方は下記のサイトも参考にしてみて下さい。
・おまとめローンを知ろう

Category(s): カードローンコラム

Comments are closed.