リボルビング払いと分割払いの違い

カードローンの返済方法についてご説明したいと思います。通常、ローンの支払いと聞いて思いつくのは分割払いとリボルビング払いの2つではないでしょうか。カードローンの返済では分割払いではなくリボルビング払いが採用されています。その違いとは一体なのかをここで分かりやすく解説致します。


カードローンの返済は収支に合わせられる

まずリボルビング払いのメリットは、毎月の支払い額を自分で調整できるという点です。それに対して分割払いでは先に支払い回数を決め、それに合わせて月々の支払い額が決まるので自分で額を変更する様なことはできません。リボルビング払いなら最低額より低い金額でなければ支払い金額は自由に決めることができるのです。


返済期間の長さには注意が必要

この様にカードローンの返済は利用者のことを考えて作られていますが、返済期間が長引くと利息も増えるので注意しましょう。自分で決めた金額での返済だと、つい最低限の額だけの支払いになりがちで、その分返済期間も長くなる傾向があります。月々の支払い額は少額で済みますが、その代わり利息の額は増えてしまいますので計画的な返済を心がけてください。カードローンで借りた額と、月々の支払い額、そして最終的な利息額を考慮して返済をする様にしましょう。

Category(s): カードローンコラム

Comments are closed.