カードローンとキャッシングを比べてみる

カードローンとキャッシングのサービスを比べてみた時大きなサービスの違いはないのではないでしょうか。カードローンとキャッシングはかつて呼び方が分かれる程の違いがあったのですが、現在では大きな差がなくなってきています。


カードローンとキャッシングの違い

キャッシングは消費者金融が個人向けに行なっていた用途自由の無担保ローンです。キャッシングサービスと呼ばれていました。これは、多くのサラリーマンが利用していたのでサラ金を呼ばれていました。このサラ金による債権回収不能者が多く出た事が社会的問題になり、消費者金融のイメージは地に落ちました。その後、消費者金融とカードローンが協力、競争して作りあげた商品がカードローンです。当初のカードローンは銀行口座を介さなければ現金のお引き出しができない点などキャッシングとはことなる点も多かったのですが、利用者のニーズに答える事でサービスは向上していきました。


大きな差はない

現在ではどちらも限度額内なら繰り返し借入が可能である点、用途自由の無担保ローンである事は共通項になっており、サービスにおける違いはないようです。キャッシングは手軽なイメージがあるので、そのイメージを利用しているのではないでしょうか。

Category(s): カードローンコラム

Comments are closed.